「おもしろ健康教育研究所」のこと。


 学校や職場で開催される講演や研修って大切だけど、本音は「むずかしい、退屈、めんどう」って思ってしまうこと、多いですよね。おもしろ健康教育研究所は、そんな皆さまの声にお応えして、「大切な健康のお話を、居眠りする暇がないくらい、わくわくいっぱいの楽しい学びの場にしてしまおう!」と、2011年から活動を開始しました。

 

 メンバーは、健康づくりの専門家である聖隷クリストファー大学看護学部助教であり、「健康女優」高橋佐和子、「健康脚本家」伊藤純子の2名。講演の特徴は、聴き手に「正しいこと」を「するべき」、「やるべき」と押し付けないこと。そして、ちょっぴりやんちゃでとんがっています。「わかっているけど、できないよね」「やらなきゃいけないけど、めんどくさいよね」の気持ちを、まずはゆっくり共有することからスタートします。

「オモケン哲学」のこと。




学校や職場、その場にあった健康の課題の発見から専門的にサポート。

 

課題や要望に合わせたオーダーメイドで講座やワークを組み立てます。

科学的根拠に基づくお話に、ココロが温まるメッセージも添えています。

 

生活や自分を変える良い方向に変える、ポジティブな勇気を引き出します。

すごく愉快、でもちょっぴり感動。いねむりする暇はありません。

 

大人から子どもまで、飽きずに集中して学べます。